手のしびれ肩こりに効く飲み薬を探していますか?

 

私は肩こりがひどくなって、手や指先までしびれるまでになっていました。

 

今までにも肩こりに効くというビタミン剤や漢方薬を飲んだことはありますが、全然効いた気がしません。

 

肩こりに飲み薬は効かないと思っていましたが、やっと一時しのぎではない肩こり解消の飲み薬が見つかりました。

 

すごく楽になったので、同僚にもおすすめしてあげたら、みんな肩こりが治ったと言っているので、本当に効くんだと思います。

 

肩こりの飲み薬『アユミンS』がおすすめな理由

アユミンSのパッケージと中身写真

 

『アユミンS』は肩こりの原因になっている筋肉の血行不良から、肩こりによる神経のしびれや眼精疲労まで、コリや痛みの原因に直接作用する飲み薬です。

 

今まで肩こりの飲み薬で、ドラッグストアなどでおすすめされたビタミン剤や漢方薬とは全然違いますね。

 

病院で打ってくれる注射や、病院で出してくれる湿布や筋弛緩薬とも違います。

 

病院に行くと確かに楽にはなりますが、それも効果は一時的で、昨年末ぐらいからは肩こりからくる右手のしびれが苦痛になっていました。

 

手のしびれは仕事にも影響するので、せめてしびれだけでも治したいと思って、ネット通販でおすすめだという口コミを見た飲み薬が「アユミンS]だったんです。

 

手のしびれだけでも解消すればと思っていたのですが、飲み続けているうちに肩こりそのものが楽になってきたのは驚きでした。

 

 

 

 

 

最新の肩こり・しびれ治療薬『アユミンS』とは

アユミンSの7成分と3つの働き解説図

 

アユミンSには、厚労省に効果を認められた薬効成分が7種類、配合量も厚労省が認める上限いっぱいまで配合されています。

 

血行、神経、筋肉に直接作用する医薬品

アユミンSの7つの薬効成分の働きは、

  1. 神経の痛みの緩和
  2. 血液循環の促進
  3. 関節痛・肩こりの緩和

となっていて、神経・血行・筋肉に直接作用して、肩こりとしびれを原因から改善する飲み薬なんですね。

 

手のしびれの原因は、肩こりで硬くなった筋肉が神経を圧迫していたから。

 

その肩こりの原因は、血行障害だと言われていますよね。

 

単に痛みを和らげるだけじゃなくて、血行・肩こり・神経の全部に作用するお薬というのがアユミンSだったんです。

 

 

 

 

今まで飲んだ肩こりの飲み薬について

肩こりにビタミン剤をおすすめしない理由

薬局やドラッグストアの薬剤師さんが、肩こりの飲み薬として、よくおすすめされるのがビタミン剤です。

 

アリナミン、エスファイト、ナボリンS、キューピーコーワなどが有名ですね。

 

私もアリナミンEXを長いこと飲んでいましたが、おしっこが黄色くなるだけで、肩こりには関係あるとは思えませんでした。

 

ビタミン剤は「気休めにしかならないから、おすすめしない」というのが私の結論です。

 

肩こり・しびれに鎮痛剤をおすすめしない理由

次によく薬局などでおすすめされる飲み薬が鎮痛剤ではないでしょうか。

 

薬局だとロキソニン、イヴ、バファリン、それに病院だとカロナールを出してくれることもあります。

 

肩こり頭痛でどうしても辛い時は、私も鎮痛剤に頼ってしまいますが、常用する薬ではありません。

 

飲み続けていると、だんだん効かなくなったり、胃が荒れたりするなどの副作用も心配です。

 

鎮痛剤はどうしてもツライ時の一時しのぎですね。

 

 

肩こりに漢方薬をおすすめしない理由

薬局では漢方薬をおすすめされることも多いと思います。

 

代表的なのが葛根湯ですね。

 

ただし漢方薬は、体に合う合わないがあって効かない人にはまったく効かないんです。

 

私がそうでした。

 

効果がある人もいるようですが、そういう人でも「ちょっとマシになったかな?」程度みたいなので、あえておすすめはしません。

 

筋弛緩薬をおすすめしない理由

ひどい肩こりで病院へ行くと、筋弛緩剤の注射や、内服薬としても筋弛緩剤を処方されることがあります。

 

これは確かに楽になるのですが、効果は持って数日といったところでした。

 

特に飲み薬は、脱力感 、倦怠感 、眠気といった副作用が気になるので、ずっと飲み続けられるものではありませんでした。

 

これもやっぱり一時しのぎの対処療法なんですよね。

 

 

 

アユミンSの飲み方

ビタミン剤と同じように、1日3粒目安で毎日飲み続けるだけ。

 

1袋90錠入りなので、1袋でだいたい1カ月分です。

 

私は忘れないように、夜寝る前に飲むようにしていました。

 

ビタミンも含まれた飲み薬なので、アリナミンは飲むのはやめました。

 

両方飲むとビタミン過剰摂取になることもあるみたいなので注意が必要ですね。

 

 

 

アユミンSの値段

アユミンSの価格を調べてみると、Yahoo!ショッピングが7,200円、Amazonが6,880円でした。

 

楽天では見つからなかったので、取り扱っていないみたいです。(2020年6月調べ)

 

一番安いのは公式サイトで間違いありませんね。

 

一番安く買えるのは2カ月2袋の定期購入

公式サイトでも、一番安い買い方は、2ヶ月毎に2袋送ってくる定期キャンペーンコースでした。

 

アユミンS2カ月2袋キャンペーン情報
(キャンペーンは2020年6月現在の情報です)

 

これだと2カ月間は、1袋あたり1,490円(税別)、1日あたり50円の計算になります。

 

2回目からは2袋で税別10,891円、税込みでも11,980円、1袋あたり5,990円の計算になります。

 

Amazonで買うよりもずっと安く買えますね。

 

キャンペーンの最新情報は公式サイトで確認してください。

 

まずは1袋なら、1カ月1,980円から

いきなり2袋買うのではなく、まずは1袋だけ試してみたいなら、1カ月1袋の定期コースもありました。

 

 

キャンペーン価格

 

初回1袋は1,980円(税別)で買えます。

 

2袋目以降も10%引きの税別6,091円税込でも6,700円なので、Amazonよりも安いです。

 

ただし、この価格はキャンペーンなのでいつ終わるかは分かりません。

 

最新情報は公式サイトで確認をお願いします。

 

 

 

 

一時しのぎでなく肩こりが解消する

背伸びをする女性

 

従来の肩こりのための飲み薬は、一時的に症状を緩和するだけの一時しのぎ薬ばかりでしたが、アユミンSだけは違いました。

 

一時的な効果でなく、肩こりが改善してくるのが分かりました。

 

今日飲んで明日からスッキリという程の即効性はありませんでしたが、1カ月飲めば分かるレベルだと思います。

 

肩こりに悩んでいる人は私の周りでも多かったので、おすすめしてみたらそのうち何人かは飲み始めて、その効果に喜んでいましたよ。

 

今では私の周りで6・7人は飲んでいて、長い事悩まされていた腰痛が楽になったという女の人もいましたよ。